2012年03月10日

アルコール依存症の予防策

アルコール依存症に陥らないためには毎日の心がけをしておくことが重要です。
依存症状態に陥らないようにしたくとも、自分一人だけではどうにもならないこともよくあります。
身近な人に相談をして、アルコールを口にする場合に力を貸してもらうのが要点となります。
アルコール依存症を招く人は、お酒を飲んだ時に自分をセープできなくなるタイプが多いと言われています。
そういう際に、大量に飲まないようにガードしてくれるのは、アルコールを依存症を理解してくれた自分の近くにいて支援をしてくれる人々です。
監視役とするのは何だかおかしいかもしれないですが、それくらいの役目をしてくれる友人などが近くにいると、依存症を招きづらい環境を整備してくれます。
飲酒した自分が周囲にどれだけ迷惑をかけているのか、自らの身体にどんな問題が発生するのかを理解した上で日々を送りましょう。
アルコール依存症になった人の近辺には、確実に自分ではない被害者が出ているということを胸に刻んでおくべきでしょう。
そうなれば、必然的にアルコールを控えられるはずです。
ストレスを抱え込む生活において、アルコールは息抜きの一つになるものですが、依存症になる恐れを含んでいる飲み物であることを忘れてはいけません。
お酒を飲まない日を決めておきアルコールを摂らない日を作り出すようにして、問題がなければ休肝日を継続してみましょう。
お酒を飲まない日々ができたことが引き金で、依存症を克服した人もいますし、お酒を飲むことがなくなったという人もいます。
飲み会といった席で活気づいたあまり周囲の人にお酒を注いで飲ませる人にも悪いところがあります。
飲み会で強制することは、アルコール依存症の原因になりますので、決してしないようにしましょう。


PR
ピッチング上達法
野球で勝つにはピッチャーがとても大切です!コントロールやフォーム、スタミナなどしっかりとしたトレーニングで勝てるピッチャーになろう!

posted by マンゴー at 20:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。