2012年04月22日

占いジャンル

各占い方で得意とするジャンルは変わるため、相談したい事柄に適したものを選択して、さらに的確な結論を聞きたいものです。
長い人生において、ついていると感じる年や良くないことばかり起きる年があり、自分の運気に対して知っておきたいと思うでしょう。
運勢の移り変わりや、人生における転換期はいつ頃かなどを相談内容と考えている人は、命術と称される占いのやり方が適していると言えます。
命術とは何かというと、相談者の生年月日に基づきその人物の生涯を占っていく方法を指し、例えば九星気学や占星術、さらに四柱推命などがあります。
命術というのは、長いスパンの運気を把握できるので、生涯にわたってどういった変化があらわれるのかなどの長い目で見たときの運勢にまつわる相談に最適だと言われています。
長期的な運勢ではなく、わりあい近い将来のことについて相談したい場合には、近未来を占うのが得意である相術で占うのが理想的です。
相術は、現在の状態や近い将来の運勢を把握できるもので、その人が持つものの形に応じて診断する占いで、手相や夢、易、タロットといった占いが当てはまります。
長期間の運気に関して気づくことで、その先の人生に対する覚悟が生まれますし、すぐに訪れる将来を鑑定してもらえればそれにどう対応するべきか前もって考える時間を得ることができます。
たとえ運勢が低迷していると告げられても、反対に考えれば運気が好調期になるまでの充電期と割り切ればいいのです。
占いでは、自分の思っているような答えが出てこないことがよくありますが、真摯に向き合い、回答に含まれた問題点などを自分なりに見つけましょう。




■編集後記
最近、美容液を新しくしました。
シミが気になっていたので人気の美白コスメを探したの!これで透明美肌に!
美白美容液ランキングはこちら


posted by マンゴー at 21:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。